車いすを使って

 車いすバスケットボールのルールは一般のバスケットボールと同じである。運動量も、厳しいルールの下でこなすのだから、かなりの辛さがあるかと思う。あえて、ダブルドリブルとトラベリングが無い分、1回のドリブル内で車いすのタイヤ操作の数が規制されている。試合時間も、コートの広さもほぼ同等となっている。それだけに、ポイントを決める選手にとれば、健常者と同様の達成感、いや、それ以上の喜びを得れるんではないでしょうか。
 わたしも、バスケットボールは今から15年以上前にスラムダンクというバスケットマンガを兄から読ませてもらっていました。短い期間をすごく長く描いていたあの感覚はまさにバスケットボールをしている選手からすれば、それだけに短いようで大事な一瞬がそれだけ長く感じるものなのでしょう。
 また、一般の選手と違い、それぞれの選手には独自の障害があります。その障害を4つのクラス分けにて不公平のないものとしているそうです。
 車いすにも一般の車いすと違い、独自のものとしていて、タイヤがハの字になっており、すばやい切り返しができるような特徴があり、一台20万〜40万円くらするそうです。
 これらのスポーツは今から70年近く前からあり、パラリンピックとしても50年程前から競技として実施されているそうです。今年もかなり熱くなりましたよね。次はロンドンへGO。
| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。